海外投資というと、それだけで難しいものだと思ってしまう人が多いのではないでしょうか。確かに海外投資は国内投資よりも知識が必要になりますが、決して難しいものでも、リスクが高いものでもありません。やり方次第で安全で、かつ効果的な投資を行うことができる可能性もあります。それでは、海外投資としてはどのような方法が考えられるでしょうか。

まず、最近多くなっているのが「外貨投資」というものです。これは外国通貨を購入することで、レートの違いや金利の違いなどを利用して利益を上げるものとなります。株式などと同じように、安い時に購入して高い時に売却することで利益を上げる方法もあれば、スワップポイントを利用して長期投資として利用する方法もあります。

さらに、海外不動産投資も1つの方法として考えられます。国内では成長の余地が少なくなっており難しいキャピタルゲイン型の不動産投資も、東南アジア諸国のように成長の余地が残されている場所であれば不可能ではありません。もちろん国内で行われているのと同じようなインカムゲイン型の不動産投資を海外で行うことも出来ます。ただし、風習の違いや管理会社選びなどで苦心する可能性があります。

不動産投資を行うのであれば、国内だけに目をむけているべきではありません。投資全般に言えることではありますが、色々なところに目を向けるということは重要になります。特にこの不動産投資に関して言えば、国内と海外ではかなり事情が違っています。

では、海外不動産投資を行う際にポイントとなるのはどんなことでしょうか?重要になるのは、日本に比べてまだまだ発展の余地がある国が沢山あるということです。日本は世界でもトップクラスの先進国であり、これ以上の伸びしろというのがそれ程ありません。特に不動産に冠して言えば、すでに住居戸数が世帯数を上回っているという飽和状態です。観光産業についても、これ以上の発展を期待するのはなかなか難しいでしょう。

そのため、海外不動産においてはこういった伸びしろのある国のものを利用するのがポイントとなります。例えば東南アジアなどは最近注目を集めている海外不動産だといえるでしょう。

ただ、伸びしろさえあればどんな国でも良いというわけではありません。国ごとに存在しているカントリーリスクを読み取り、投資してはいけない先ではないのか、ということについてもしっかり検討しておく必要があります。戦時下の国などは対象とはなりません。

積立をと考えている人も多いようです。財形貯蓄、老後、資産運用。様々な目的で積立をと考えている人がいるようですが、積立で大切な事はとにかく「焦らない」という事です。「地道にコツコツ」、それが積立の本質です。ですので、毎月毎月劇的に状況が変わるものではありません。短期投資であれば、毎日毎日自分の資産が劇的に変わるものです。増えるだけではなく、減る事もあるはずですが、積立はそのような性質のものではないのです。それこそ何年、何十年といったスパンで考えるべきものなのですから、そうそう頻繁に何かが変わるものではありません。じっくりと腰を据えなければならないものですので、早急に何かしらの変化を求めるようなものではありません。

その点をよくよく考慮しておかなければならないのですが、どうしても気になってしまい、次第に滅入ってしまう人がとても多いと言われています。ですので、積立は焦らず、マイペースに行うべきものでもあります。焦ってしまうとどうしても結果を求めてしまうものですが、先にもお話ししましたが何年、何十年といったスパンで考えるべきものですので、焦らずにマイペースで行うべきだという事くらいは理解しておくべきです。

「積立投資はリスクがない」とは様々な所で囁かれている事ですが、実際の所、積立投資には本当にリスクがないものなのでしょうか。この点が実は気になっているという人はとても多いと言われています。そもそも、投資にはリスクが付き物なのですから、リスクが無いと言われても、果たしてその言葉を鵜呑みにしても良いものかどうかで迷うのも無理からぬ話です。むしろ本当なのかどうか怪しいと考えるのは当然ですが、積立投資もまったくリスクが無い訳ではありません。

通常の投資に比べるとリスクが格段に低いのですが、例えば株価が毎日のように低下する。しかも何年、何十年とじりじりと下がる。このような時には残念ながら資産は増えません。ですが現実的に、そのようなシチュエーションに陥る事はそうそうありません。むしろそのようなシチュエーションの方が稀なのですから、積立投資はリスクが0だとは言えませんが、決して頻繁にリスクを招くようなものでもありません。
もちろん状況や銘柄によってはリスクの率も変わってきますが、長年行う事で、リスクがリスクではなくなってくるようになるのです。その点こそが積立投資の最大のメリットと言える部分だと知っておきましょう。

オススメのサイトをご紹介します。
「金融の魅力」http://www.mobilesportsinc.com/

公的年金の支給額が減るようになる日本では、老後の生活費が足りなくなってしまうようになるといわれています。このままでは、老後の生活においてはゆとりが持てなくなるため、このような老後不安が解消できるような年金づくりが必要になるといわれています。

将来において減ってしまう公的年金を補うために、私的年金をはじめる必要があるといわれています。私的年金づくりでは、生命保険会社と契約を結ぶ個人年金と呼ばれている個人年金保険があります。また、資金づくりを行なう方法としては、自分年金づくりがあります。

自分年金づくりでは、投資などを活用した資金づくりが行われるようになっています。しかし、投資は、一般的にリスクが高い方法として知られています。そのことから、安心した老後資金を作るためには、比較的にリスクが少ない積立投資がよいといわれています。

積立で行なう資産形成では、毎月のように無理なくコツコツと投資することができるようになり、長く続けると、大きな資産になるといわれています。また、この方法では安定した資金づくりができるようになることから、将来、老後不安を解決して生活を助ける資産形成として活用が期待されるようになっています。

人類最大の発明は複利である。こんな言葉を相対性理論で有名なアインシュタイン博士が残したと言います。複利というのは利息計算の方法の一つなのですが、これが何故そんなに高い評価を得ることになったのでしょうか?そして、それは現代においても変わっていないのでしょうか?ここでは、金利計算の方法である「単利」と「複利」の違いについて簡単に紹介していきたいと思います。

単利というのは元金にのみ利息計算を行なう方法で、複利というのは元金と利息両方に利息計算を行う方法です。といっても分かりにくいかと思いますので、実例を示してみましょう。
元金が1000万円で、単利で1%と複利で1%ではどれぐらいの違いが出るのでしょうか?何れの場合も1年目は同じで、1000万円の1%である10万円が利息となります。しかし、2年目から少しずつずれてくる事になります。

単利の場合には元金のみが計算対象となるため、2年目でも利息は変わらず10万円です。しかし、複利の場合には今度は1010万円を計算対象とするため、少しずつ利息が大きくなっていくのです。どんどん積み重ねで大きくなっていくため、長期の取引となるほどこの効果の差というのは大きくなっていきます。

はじめるなら不動産投資

失敗しない投資をはじめたいなら「不動産」がおすすめ。ニーズの高い不動産は、いつでも買い時期です。不動産の特徴が、幅広い世代をターゲットにできるということです。住まいを求めるのは、子どもからお年寄りまで。生活にかかせないのが住まいなのです。ですから、独身はもちろんはじめての単身赴任や、家族・老人夫婦、老人の一人暮らしまで、そのニーズに合わせた住まいをするだけで、常に収入が期待できますね。

また、不動産投資のメリットとしては、少額から始めることができます。そうすることで、生活に負担をかけずに投資をすることが可能です。さらに、不動産投資は自分の資産としてもかなり価値のあるものとして、取引きをすることができます。

もちろん、投資にはリスクはつきものです。しかし、投資をしない方が一番のリスクと言われる時代ですから、チャンスがあるのであれば不動産投資はとても、メリットの多い投資とも言えるでしょう。

収入のカテゴリーの中、投資があるだけで、手元にくるお金の流れが大きく変わります。投資で得た利益で、挑戦したかったことにどんどんトライする可能性が一気に増えます。是非、不動産投資で憧れなす敵な夢を叶えてくださいね。

不動産投資のお役立ち情報をご紹介!
↑不動産投資を始める前にぜひご一読ください。

皆さんは資産形成についてどのようにお考えでしょうか?中には自分には関係ないことだと思っている人もいらっしゃるのではないかと思います。しかし、実はこの資産形成というのは全ての人に関わりがある問題です。というのも、今の日本には「長生きリスク」というものが存在しているためです。

仕事をして給与を受け取っている間は、当然その給与をベースにして生活を営んでいくことになるでしょう。生活費のほか保険の費用、ローンの費用など必要となる金額は多くあります。問題となるのは60歳や65歳となって仕事を定年で退職し、固定の収入がなくなってからです。

実際には国民年金や厚生年金などによって収入があるものの、実際問題こういった年金だけで生活できるかというと微妙なラインです。というのも、ある調査によると老後の夫婦に必要となる費用は1億円を超えると言われているためです。

貯蓄資産だけで1億円を超えている人というのは数少ないでしょう。こういった時に必要となる資金が足りないという自体を防ぐためにも重要なのが、事前のに資産形成を進めておき、老後の生活に不自由がないだけのお金を用意しておくことなのです。資産形成の方法は様々ありますが、何かしらの方法を考えておきましょう。

円安リスクを分散させるために海外投資をする投資家が増えていますが、海外投資先としてカナダに投資をする方が多くいます。カナダは先進国の中で不況から最も速く経済的回復した国であります。金融危機の影響が小さい国でもありますので、よりリスクの少ない投資が期待できます。

カナダは1人あたりのGDPがアメリカに次いで先進国で2番目ということもあり、経済成長が著しい国です。これは日本よりも国民が豊かであることを表しています。今後も安定した経済成長が見込まれています。
そういったこともあって、カナダに移民する方も多く、実際に毎年30万人近くもの人々がカナダに移住しています。人口が増えることによって新たな需要が生まれますので、より経済成長の可能性が秘めています。マイホームの購入も活発的で、優れた能力のある人達が住宅や不動産市場に貢献しています。

また、金融危機までの11年間、連続して財政黒字を達成しているのも特徴的です。特にカナダは社会保障や公共サービスが充実している上での黒字運営という点が高く評価されています。先進国で財政黒字を達成しているのはカナダだけです。日本と比較しても国民1人あたりの借金は20%以下になっています。

「ラクしてお金がいっぱい欲しい!」というのは、誰しも口にはしないけど思っていることですよね。しかし、不景気が続く日本の経済では、なお更お金を沢山手に入れるのは難しいですよね。

そこで、おすすめなのが「賃貸経営」です。アパートやマンションなどを貸し出すだけで、自然とお金が入ってくるのです。これほど、ラクな収入源はないですよね。しかも、賃貸を探している需要は幅広く、学生をはじめ独身の社会人世代や一人暮らしの老人まで様々です。それぞれのニーズに合わせた賃貸を提供することで、どんどん需要は増えます。それに、比例して収入も増加するので、これほど嬉しいことはありませんよね。

しかし、賃貸経営をするとなると失敗した際にどうすればいいのか、とても不安になります。そんなときも、しっかりとサポートしてくれる体制が整っているので、不安も解消できます。

賃貸経営は、賃貸を提供する側も借りる側もどちらも幸せになるのです。そして、豊かな暮らしを実現させる素晴らしい経営ともいえます。そんな、素敵な賃貸経営をこの機会に是非、勉強してみてくださいね。きっとその先には、自分が思い描くような夢の生活がまっています。そのお手伝いをするのが、賃貸経営なのです。

賃貸経営について合わせて読みたいコンテンツをpick up!
安定した賃貸経営を行うために知っておきたいこと

« Previous Entries  次ページへ »